人気ブログランキング |
東野圭吾 『赤い指』
直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場!

a0027412_11563063.jpg身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子像。『放課後』でのデビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品。

息子が犯した犯罪を隠滅しようと必死になる両親。刑事がどう謎を解き明かしていくのかだけが描かれているのかと思いきや、最後に読者はもちろん、加害者も裏切るどんでん返し!う〜ん、やられた...。名刑事、加賀恭一郎の親子関係にもじ〜んとさせられ、ダブルでやられた...って感じでしょうか。
by akimaru21 | 2006-11-15 11:58 | BOOKS
<< 本日のランチはこちら 秋だ~っ! >>